1.聖書の権威

私達は、聖書は神の霊感によるもので、全てのクリスチャンの歩みと実践に関して権威をもつ規定であると信じます。聖書は成就され、廃棄されるものではないと信じます。旧約聖書は来るべき更に優れたものの影と型であったと信じ、新約聖書はイエス・キリストを通しての神の御心と性質の完全な現れであることを信じます。そして、新約聖書の中の書簡は私達の為にキリストがされた事と、彼が私達を通して行いたいと願っている事の現れであると信じます。(2テモテ 3:16₋17;へブル 1:1₋3;ヨハネ 10:35;マタイ 5:19、19:17;1ヨハネ 2:3₋4)

2. 永遠の神格

私達は、神は三位一体であると信じます。従って、父と御子と聖霊は同様に神聖なお方であり、同等な神であると信じます。(ヨハネ 5:7₋8;マタイ 1:20₋25;2コリント 13:14)

3. 人間&その本来の目的

私達は、人間は神のかたちとして造られた事、そして、その創造の目的は人間が神の御手の全てのわざを支配する事であると信じます。(創世記 1:26

4. 霊的存在:サタン、悪霊、御使い

私達は、サタン(悪魔)の存在を信じ、彼は神と人間の敵であり、悪霊と御使いとして知られる霊的な存在がいる事を信じます。(1ペテロ 5:8;マタイ 8:16;マルコ 16:17;べブル 1:7、13₋14)

5. 人間の堕落

私達は、人間は自らの意志による不従順により、完全な状態から堕落したと信じます。(ローマ 5:12)

6. 罪

私達は、信仰から出ていない事は全て罪であり、私達の罪は赦され、私達は罪に定められないと信じます。又、もし罪を犯してしまったら、私達には父の御前での弁護者としてのイエス・キリストがおり、全ての不義から私達をきよめて下さると信じます。(ローマ 4:8、6:14、14:23;1ヨハネ 1:9₋2:1)

7. 救い

私達は、私達がまだ罪人だった時にキリストは私達の為に死なれ、彼を信じる全ての人に罪の赦しを与えてくれた事を信じます。また、私達は自らの義を持たず、神の御前に来て私達の唯一の義として、キリストの義を懇願しなければならない事を信じます。(ヨハネ 3:16;ローマ 5:8;エペソ 2:8)

8. 聖化

私達は、キリストが私達の聖めであり、彼を受け入れた時に私達は聖められたと信じます。私達がキリストにあって成長するにつれて、恵みにあっても成長し、それゆえに、益々聖い人生の歩みにあっても成長すると信じます。(1コリント 1:30;1テサロニケ 4:3;2テサロニケ 2:13;1ペテロ 1:2;2ペテロ 3:18)

9. 聖霊による力

私達は、聖霊は信じる者が神に喜ばれる歩みをし、キリストのわざを行い、全ての人の必要を満たす事ができるように力を与えて下さる事を信じます、(ヨハネ 14:12;16:17;使徒 1:8)

10.贖いに含まれている癒し

私達は、神癒は(精神的・肉体的において)病人を癒す神の力であり、全ての人の癒しはキリストの贖いのいけにえに含まれており、そして、全てのクリスチャンが、いつでも誰に対しても癒しを行う事が神の御心であると信じます。(詩篇 103:2;イザヤ 53:4;マタイ 8:16₋17;1ペテロ 2:24;ヨハネ 14:12)

11.教会‐キリストのからだ

私達は、(この地上の)教会は神の御霊の宿る全ての人々から成っており、教会はこの地上においてのキリストのからだであり、全ての事においてキリストの身丈にまで成長するべきであると信じます。(ローマ 8:9;エペソ 1:23;4:12₋16)

12.ミニストリー(奉仕

私たちは、神が地上でキリストの体(教会)の監督者として機能するように人々を定め、適切に召され、整えたと信じます。そして、教会がキリストの姿に成長する時まで、それらの人々が聖徒たちを整え、建て上げる役割を与えられていると信じます。
(エペソ 4:11₋15;使徒 20:28;1ペテロ 5:1₋3)

13.裁き

私達は、神の裁きはイエスに委ねられたと信じます。今この時は神は誰をも裁きません。裁きの日はやって来ますが、それは今日ではありません。
(ヨハネ 5:22;12:47₋48;使徒 17:30₋31;2コリント 6:2)

14.神に対する信仰

私達は、神の約束に基づいて神に対する信仰を持つべきだと信じます。それらの約束の成就は神の誠実さによるものであると信じます。私達は神に対する信仰を持たなければならないと信じます。自分の信仰に対する信仰ではありません。私達の信仰とは神はご自分の約束を成就され、そして、これからも成就されるというものです。
(マルコ 11:22₋23;へブル 6:1;11:11;2テモテ 2:13)

15.恵みと死んだ行いからの悔い改め

私達は、イエス・キリストによってもたらされた恵みが、彼を信じる様に、全ての人に与えられたものであると信じます。この恵みは、人が悔い改めと罪の赦しの為にキリストへの回心をする事のできる機会と力である事を信じます。死んだ行いからの悔い改めとは、神からの好意や救いを得ようとする行いをやめる事も含むと信じます。
(ヨハネ 1:16;17;ローマ 11:6;へブル 6:1;9;14)

16.神の国

私達は、イエスが宣教し、デモンストレーションしたものは神の国であったと信じます。そして、私達も彼と同じように同様の結果をもって彼の働きを続けるべきであると信じます。キリストが主の喜びに迎え入れてくれる時まで、私達はこの地上で神の国を拡大し続けるべきであると信じます。(マルコ 1:15;ルカ 4:43;ルカ 9:60-10:11;使徒の働き 8:12;19:8;20:25;1コリント 4:20;2テサロニケ 1:5;マタイ 25:19₋23)

17.クリスチャンの務め

クリスチャンの務めとは:
考え、言葉、行いにおいて神を愛する事。又、隣人を自分を愛するように愛する事。すなわち、自分にして欲しい事を他人にする事。私達の神への愛は、出て行って自国でも外国でも、あらゆる聖書的な方法で主イエス・キリストの弟子を作る事によって証明されます。
(マタイ 7:11-29;28:28-20)