十字架に掛かる前夜に、イエス様が弟子たちにした特別な事が幾つかあります。 そのうちの一つに、イエス様は聖餐式のモデルとなっている最後の晩餐で、弟子たちに新しい戒めを与えました。

「子どもたちよ。わたしはいましばらくの間、あなたがたといっしょにいます。あなたがたはわたしを捜すでしょう。そして、『わたしが行く所へは、あなたがたは来ることができない。』とわたしがユダヤ人たちに言ったように、今はあなたがたにも言うのです。あなたがたに新しい戒めを与えましょう。あなたがたは互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、そのように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もしあなたがたの互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」ヨハネの福音書 13:33-35

イエス様がこのように弟子たちに話された時は、彼らとのしばしの別れの場面でもあったので、ある意味、弟子たちへの最後の言葉でもありました。そうした大切な時に語られたイエス様の言葉は、弟子たちに対する戒めであったというところに注目すべきです。単なる助言ではありませんでした。「互いに愛し合う」ことは誰もが理解している教えです。しかし、現実にどれほどのクリスチャンがお互いに愛し合うという事の大切さを知っていることでしょうか?この愛はアガペーであり神の無条件の愛だとまず知るべきですが、それを考えればますます人を愛する事の難しさを痛感するものです。

それではイエス様は弟子たちに不可能な事をしなさいと指示したのでしょうか?もちろん答えはノーです。では今日私たちにとって他の人を愛するという事はどうして難しく、また多くの場合、それが不可能に思えるのでしょう? 一般的に私たちが考えている愛とは条件付きの愛です。神の愛とは違うものです。人の愛とアガペーの違いを定義上理解していたとしても、アガペーの愛が単なる知識となっている間は意味がないのです。アガペーがまだ分からないうちは、クリスチャンでも他の人に対して必要以上に批判的になったり、相手を言葉で傷付けてしまう事もあります。愛の理解は知性においての把握だけではなく、体験的な部分に大きく依存します。つまり、人を実際に愛する事を通して人はアガペーの愛を本当の意味で理解できるのです。

人というのは自分が愛されている分だけ他の人を愛する傾向があります。愛を受けていない人は他の人に対しても愛を示すことができません。クリスチャンでも神の愛を体験的に知らない人が多いのですが、その知らない分だけ他の人を愛する事ができないのです。ところで、私たちが神様からあらゆる祝福を受ける為に必要な事は信じる事です。ですからまず大事なことは、私たちは神に愛されているという御言葉の真理を信じる事です。神の愛は私たちに無条件で与えられるのであり、私たちが何か努力をしたからとか、私たちの立派な性格、その他の人間的な基準とは関係ありません。信仰によって神様に愛されていると受け取る時、体験的にもアガペーを行うようになります。

『 「主よ。われらの神よ。あなたは、栄光と誉れと力とを受けるにふさわしい方です。あなたは万物を創造し、あなたのみこころゆえに、万物は存在し、また創造されたのですから。」』ヨハネの黙示録 4:11

万物が存在し創造されたのは神の御心にかなう事なのです。人が創造されたのはそれを良しとみなした神の御心にかなう事でした。人の立派な行いに対しての報酬として神様が私たちを愛してくださったのではありません。神は創造の時に既に(実際には創造の前に)人を愛していたのです。そして、人を創造された神は人との関係を望んでおられます。その愛の関係は、Give and Take という枠に収まるものではなく無条件なのです。この部分の理解がきちんとしていないと、人は神からの祝福がない原因として、自分たちの努力が足りないという結論に走りがちになります。

神との正しい関係性を理解しないと他人との関係もうまくいきません。私たちの多くは人間的な理解に影響されて、自らの努力や信仰深さに応じて神は私たちを愛すると勘違いしています。ですからその様な尺度で測っていると、他人に対しても愛を制限してしまうのです。「相手が自分を愛するなら、それに応じて自分もその人を愛せる事が出来る」という考えになってしまうのです。

「しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」ローマ 5:8

神の愛はいつでも無条件です。祝福されない理由や癒されない理由を幾つも挙げて、それらの条件を満たさないといけないという考えを持つべきではありません。或いは、聖化という神学用語を用いて、その達成の為に何か宗教的な行いが必要だと考えるべきではありません。「こうしないとそれに応じた罰を受ける」というモーセの律法の考えに戻る必要はありません。愛の実践にしても、強制的な「~しないといけない」という考えではなく、積極的な、自発的に喜んでする行為がアガペーなのです。

神様は私たちの心を見ます。私たちの表の行いがたとえ素晴らしいものであったとしても、内側が強奪や放銃(ほうじゅう)で満ちていては意味がありません。正しい行いというのは本来正しい心が外側に表れた結果なのです。まずは内側からきよめる事が先です。具体的には、神様の性質を知り神様と正しい関係を築くというのが先であり、それなしで良い行いに走ってしまうと宗教になってしまいます。

神がまず無条件で私たちを愛して下さったという理解とそれに対する信仰を基礎に、私たちはアガペーの愛を見直す必要があります。そうすれば神の愛が理解できるようになり、その愛で人を愛する事が出来るようになるのです。聖書では人間的な愛で他人を愛しなさいとは教えていません。ですから、神の愛を知りそれを体験して初めてアガペーの愛で他人を愛する事が可能なのです。

神の愛を知るにはどうしたら良いでしょうか?神の愛はイエス様の十字架で具体的に現れました。私たちの罪の為に自ら犠牲になって代価を払ったイエス様の愛は、父なる神の愛なのです。第一コリント人への手紙の13章から愛について読んだとしても、それはパウロ自身が定義した愛ではありません。あくまでもキリストの十字架が愛の土台になっています。そして、愛についてもっと具体的に語っているのはヨハネです。

「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。」 第一ヨハネ 4:10-11

イエス様の十字架に戻る時に私たちは必ず神の愛を知る事ができます。その他のどの様な愛についての定義も参考にすべきではありません。神の愛の基準はイエス様の十字架にあり、それは無条件で私たちに与えられており、それはまた神の御心なのです。
新しい戒め その2に続きます。