今あなたが祝福が何であっても、あなたは神様に祝福して下さいとお願いする必要はありません。これは真理です。あなたが願っている神様からの祝福は、既に与えられています。

 こう聞いて、それはあり得ないと思う人もいるでしょう。ある人は医者の診断結果から何かの病気を持っていると言われていて、癒しが必要な人もいるかもしれません。しかし、目に見えている現状が何であっても、真理は「神様は既に、私たちに必要なものを与えた」のです。

「私たちをご自身の栄光と栄誉によって召してくださった神を、私たちが知ったことにより、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔をもたらすすべてのものを、私たちに与えました。」第二ペテロ 1:3

 私たちに欠けているものがあるとすれば、それは正しい聖書の理解に基づく、思考の一新です。究極的に言えば、全ての霊的知識も私たちの中にあります。しかし、私たちの思考がそれに気づいていない事が問題です。その主な理由は、私たちが御言葉を読んでいない、正しく教えられていないからです。

 さて、殆どのクリスチャンは、神様には何でもできる力があると信じています。ところが、多くの人は神様が既に私たちを祝福したと信じていません。神様に祝福してもらおうと祈ります。神様に必死にお願いしてリバイバルが起こるように祈ったり、癒しが起こるように祈ったり、或いは、経済的な祝福を与えて下さるように祈ります。聖会という名の集会を片っ端から参加し、どうにかして神様から祝福を受けようとしています。ところが、彼らはその必要なものを既に受け取っているのです。

「私たちの主イエス・キリストの父である神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天上にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」エペソ 1:3

 私たちは、既に霊的祝福を受けているのです。それなら、神様に祝福をお願いするとか、祝福してくださる事を待つ必要はないのです。癒して下さいと「願う祈り」ではなく、キリストのうち傷によって癒されていると信仰を持って宣言するべきなのです。今から勝利を得ようとするのではなく、既に勝利を得ているという立場から宣言するべきなのです。

 癒される為に祈るという視点と、癒されたという視点で告白する事には大きな違いがあります。イエス様が癒して下さったという視点から祈っている人は、癒されたからこそ、信仰をもってそれを確実に現実化させようと、諦めずに真理を宣言し続ける事ができます。神様に癒してもらおうとするのではなく、既に癒されたという約束を宣言し現実化させる為の信仰が鍵なのです。その他の神様からの約束も同様です。経済的な祝福でも、平安や喜びなども既に与えられています。それが分かるなら、周りの環境や他の人の言葉などに影響されることなく、常に平安を保てるでしょう。何故なら、イエス様の平安も、既に私たちに与えられているからです。

 イエス様は、「神の国は、あなたがたのただ中にあるのです。」と言ったのを思い出してください。神の国とは、神様のいる場所であり、そこには天の法則で全てが動いています。天では全てが完全であり、天における法則が全てを完全にさせています。天の法則は、神の御心が完全に働いている所です。天では病気がありません。神の国は、私たちの内にあるなら、そこには、天の法則もあるのです。従って、神の国では、神の力が常に伴っています。

「神の国は、ことばではなく力にあるのです。」第一コリント 4:20

 御国の王であるイエス様は、神の右の座に着座されているのと同時に、聖霊を通して私たちの内におられます。イエス様が私たちの内におられるなら、全ての権威も私たちの内にあるのです。聖霊も私たちの内におられるので、いわゆる御霊の実も私たちの内にあります。実を結ぶようにせっせと宗教的に頑張る必要はありません。枝は木につながっているだけで、実を自然に結ぶようになるのと同じように、私たちもイエス様とイエス様の言葉に留まるだけで良いのです。それは、イエス様の教えに従う事です。

 主の力は既に私たちの内にあります。イエス様ご自身も、私たちの内にいます。しかし、信仰なしでは何も起こりません。多くの人は、神様が手を伸ばしてくれるのを期待しているのですが、そのようなケースは稀です。信仰でもって祝福を現実化させ事を神は定めました。信仰の法則によって、私たちは歩みます。私たちがそのようにして歩む事は、神様の御心なのです。

 私たちは、信じるという最も基礎の教えに戻って、聖書に約束されている真理を現実化していく必要があります。五感に頼らず信仰によって生きるのが、私たちの歩み方である事を再認識するべきでしょう。まさに信仰とは目に見えないものを確信させるものなのですから。

「信仰の創始者であり完成者であるイエスから、目を離さないでいなさい。」へブル 12:2