今あなたは何を主に望んでいますか?癒しですか?それとも経済的な祝福ですか?どの様な祝福であれ、あなたは神様に必要を満たしてくれるようにと願う必要はないのです。これは真理です。神様がするべき事は既に完了したのです。あなたが願っている神様からの祝福は既にあなたの内にあるのです。

こう聞いてそれはあり得ないと思う人もいるでしょう。ある人は医者の診断結果から何かの病気を持っていると言われていて、今癒しが必要な人もいるかもしれません。ところが目に見えている事実が何であっても、真理は「神様は既に私たちに必要なものを与えている」のです。

「というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです。」 第一ペテロ 1:3

私たちに欠けているものがあるとすれば、それは真理に関する知識だけです。(究極的に言えば、全ての霊的知識も私たちの中にありますので、私たちが単にそれに気づいていない事が問題です。その主な理由は、私たちが肉の思いで歩んでいるからです。)殆どのクリスチャンは神様には何でもできる力があると信じています。ところが、多くの人は神様が既にしてしまったと信じていません。常に神様にしてもらおうと願いつつ生きているのです。多くのクリスチャンは、神様に必死にお願いしてリバイバルが起こるように祈ったり、癒しが起こるように祈ったり、或いは経済的な祝福を与えてくださるように願っています。聖会という名の集会を片っ端から参加し、どうにかして神様から祝福を受けようとしています。ところが、彼らはその必要なものを既に受け取っているのです。

「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」 エペソ 1:3

「すべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」とありますから、既に神様は私たちを祝福されたのです。私たちは既に霊的祝福を受けているのです。そういうわけで、神様に祝福をお願いするとか、祝福してくださる事を待つ必要はないのです。癒して下さいと「願う祈り」ではなく、キリストのうち傷によって癒されていると信仰を持って宣言するべきなのです。今から勝利得ようとするのではなく、すでに勝利を得ているという立ち位置を認識するべきなのです。

癒される為に祈るという視点と、癒されたという視点での祈りには大きな違いがあります。例えば、ある人が即座に癒されないケースを取り上げます。今から癒される為に神様に願い祈ろうとする人は、その癒しが見られないとすると、神様が癒されないのはどうしてかという解釈になります。既に十字架の御業においてイエス様が癒して下さったという視点から祈っている人は、癒されたからこそ、信仰をもってそれを確実に現実化させようと諦めずに真理を宣言し続ける事ができます。神様に癒してもらおうとするのではなくて、既に癒されたという約束を宣言し現実化させる為の信仰が鍵なのです。

主は霊の世界において働いています。私たちにはそれを見ることは通常ではありえないので、それを人間的に理解することは不可能なのですが、信仰を通して時には状況の真相が見えたり、少なくとも何らかの形で霊の世界を経験する事もあるでしょう。逆に信仰なしでは、目に見えない世界を見ることはできません。神様の主権によって神様が誰を癒すかが問題ではなく、既に癒されたという約束を私たちが信じるかどうかが問題なのです。その他の神様からの約束も同様です。経済的な祝福でも、平安や喜びなども既に与えられています。それが分かるなら、周りの環境や他の人の言葉などに影響されることなく常に平安である状態を保てるのです。何故なら、イエス様の平安が既に私たちに与えられているからです。

神様から既に与えられているのなら、神様にそれを求める必要はありません。与えられていないと思うのは、究極的に言えば、それを信じていないからです。私たちの神様は既に私たちに必要なものをお与えになりました。それらがどこにあるのか探す必要もありません。全ての私たちにとって必要な祝福は私たちの内にあります。具体的には、全ての祝福はキリストの中にあります。そして、私たちの新しく生まれ変わった霊と共に住んでいる聖霊を通してイエス様も私たちの内におられます。ですから、私たちの必要なものは既に私たちの内にあるのです。霊的な祝福が目に見えないのは、私たちの霊において内にストックされているからです。私たちは内側にある祝福を外に出して現実化する必要があり、そうするには信仰が必要になります。

イエス様は「神の国は、あなたがたのただ中にあるのです。」と言ったのを思い出してください。神の国とは、神様のいる場所であり、そこには天の法則で全てが動いています。天では全てが完全であり、天における法則が全てを完全にさせています。天の法則とは、ちょうど自然の法則と似ていますが「完全」という部分で決定的な違いがあります。天で病気がないのは、天の完全な法則によるからです。その力が私たちの内にあるとイエス様は言ったのです。天の御国、或いは、神の国とは単に霊的な場所としての「天」だけではなく、神の国が私たちの中にある事と、神の国が神の力に関わっているというのがポイントです。

「神の国はことばにはなく、力にあるのです。」第一コリント 4:20

御国の王であるイエス様は、神の右の座に着座されているのと同時に、聖霊を通して私たちの内におられるのです。イエス様が私たちの内におられるなら、全ての権威と力も私たちの内にあるのです。何故なら、イエス様が王の王であり主の主だからです。

与えられている御霊の実も私たちの内にあります。実を結ぶようにせっせと宗教的に頑張る事ではありません。枝は木につながっているだけで、実を自然に結ぶようになるのと同じように、私たちもイエス様とイエス様のことばにとどまるだけで良いのです。それは、常にイエス様に信仰を置く事とイエス様のことばを信じ続ける事です。自分で良い行いの実を結ぼうとしても、それはたとえ外側では良いものに見えても肉の思いで頑張った結果の実にしかなりません。枝に実がなるのは木につながっている(イエス様に信仰を置いている)からで、それは枝が何かをやったからではありません。木につながると、自然にその木の実(キリストの実=御霊の実)がなるのです。

また、神の愛も私たちの内にあり、私たちの霊のうちにストックされています。そこから引き出すのが私たちがするべき事であり、それは信仰によって現実化する事なのです。神様の愛が既に私たちの内にあるものなのに、それを感じる事ができないと考えている人もいるでしょう。神様の愛を理解できるように、神様が触れてくださるように祈ってくださいと言う人もいるでしょう。その様な祈りのリクエストは素晴らしいと思うかも知れませんが、その考えはあたかも神様のせいで自分たちは神様の愛を知ることができないと言っているようなものです。

聖書では「神の愛が私たちの心に注がれている」とローマ 5:5 で書いてあります。私たちが例え神の愛を感じる事ができないとしても、神様は愛を私たちの内に注がれたのです。その愛は私たちの良い行いに応じたものではなく、私たちの義や聖さとは関係のないものです。祝福を与えらえていないのは、自分の欠点のせいだとしてしまう自己の束縛から解放される為にも、主の約束を信じる必要があります。

「神はキリストにあって、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」 エペソ 1:3

神様は私たちを祝福してくださいました。その祝福は霊的祝福です。しかも、天にあるすべての霊的祝福です。それは、キリストにあってそうなのです。つまり、イエス様を通しての霊的祝福なのです。イエス様は父なる神の右の座にいるのですが、聖霊によって私たちの内にもいるのです。イエス様が私たちの内にいる事により、全ての良いものが私たちの内にあるのです。つまり、あなたにとって必要なものは既に与えられているのです。与えてくださいと祈るのではなく、与えられている事を信じるのが聖書的(新しい契約に基づくもの)なのです。その他にも、「主を求める」という表現が主から離れている状態をイメージを連想させるなら、それは新約聖書的ではありません。何故なら、私たちは主が私たちの内に既におられるというのを信じているべきだからです。私たちの多くは主を求める時に私たちの内を見ないで外を見ます。外側を見ながら主を求める事をするのは、私たちが私たちのうちに住むお方をよく知らないからです。

信仰が働くには聖書の理解が必須です。既に与えられている祝福について神様に感謝し、信じて受け取った真理を宣言する事が鍵です。全ては完了したとイエス様が十字架で宣言したのは、霊的祝福も含まれているのです。十字架の御業は永遠の命をもたらすだけでありません。十字架の御業が既に完成されているとすると、それは歴史的な時間から見れば、およそ二千年も前の出来事です。ですから、今日イエス様が病を癒すのではなく、既に癒されたという真理を知るべきなのです。そうなると、癒されないケースは神様がまだ癒して下さっていないという解釈ではなく、人間側に原因がある事や悪魔の邪魔が壁となっているのが分かってくるでしょう。

原因となっているものは確かに幾つかあるのですが、基本的には信仰が大きな鍵となっていて、殆どの場合において信じるだけで解決できます。イエス様が「あなたの信仰が、あなたを直したのです。」と何回も福音書の中で言っています。神様の側には何の問題はないのです。神様の力によって癒されない病気などは存在しません。創造主であられる私たちの神様はその偉大な力によってどんな病気をも癒すことができます。問題はむしろ、私たちがそれを信じているかどうかにあります。私たちの信仰こそが山をも動かす事のできる鍵なのです。ですから大胆に信じて山に向かって宣言するべきなのです。

神様にどうにかしてくださいとお願いするのではなく、山という問題に向かって命ずる事が解決方法です。主の力は既に私たちの内にあります。イエス様ご自身も私たちの内にいます。ところが、信仰なしでは何も起こりません。奇跡や祝福を実現化するには、神様との協力が必要なケースが基本です。実際に、神様は人を通して多くの御業をするのが一般的です。多くの人は神様が自ら手を伸ばしてくれるのを期待しているのですが、それはむしろ特別なケースなのです。特例を期待するよりも信仰でもって祝福を現実化させるのが神様のみこころでもあり、その方がより多くの祝福や奇跡を体験できるのです。

私たちは信じるという最も基礎の教えに戻って、聖書に約束されている真理を現実化していく必要があります。見えないものを信じるという事はまさに不可能に近いようですが、それを神様は私たちに期待しているのです。そもそも私たちは、見えないけれども主の存在とその大きな愛を信じているはずなのです。五感に頼らず信仰によって生きるのが私たちの歩み方である事を再認識するべきでしょう。まさに信仰とは目に見えないものを確信させるものなのですから。

別の視点から言えば、内なる人を知る事も重要な鍵です。それは私たちの新しく生まれ変わった部分であり、私たちの新しい霊であり、新しいアイデンティティーです。私たちは主と一つ霊となっています。それゆえ、全てのものが私たちの内にあります。目の見える現実において祝福が現れていないだけなので、無いものを与えてくださるように祈る必要はなく、既に私たちの霊において与えられているという視点から考えなければなりません。この視点はどうやって見るのかというと、信仰によってのみ可能です。信仰によって始まったあなたの歩みは常に信仰によるべきものです。これが新約聖書の教えです。

「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。」へブル 12:2