私たち人間には、色々なものが制限されていますが、神様には制限がありません。しかし、一般のクリスチャンは、神様の無限の力を過小評価しています。 それは、私たちクリスチャンの考えが、肉的である事が多いからです。

 私たちの考える事が、常に肉の思考から来ているなら、その言動の判断は全て霊的な洞察を排除している事になります。そうすると、私たちは現実だけを見てしまい、人間的な解決方法ばかりに頼ってしまいます。神様は現実を変える力があるのに、自分で解決しようとするのは、私たちの弱さでしょう。未信者がそのような解決方法を選ぶ事は、仕方のない事かもしれません。しかし、クリスチャンであれば、主に頼る事は基本的な歩みとなっているべきなのです。

「主を自らの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえて下さる。」詩編 37: 4

 主を私たちの喜びとして、人生の一番上に置いた時に、つまり神の御国と神の義を第一に求める時に、私たちは御霊の思考によって明確に物事を考える事ができ、真理に基づいた判断ができるようになります。御霊の思考によって普段から考えていると、聖書的に正しい願いや夢を描くようになります。そうした思いは、肉の思い出はなく、御霊の思いであり、神様から来ています。そこには、利己的な動機がないので、純粋に主の計画を知る事ができるのです。究極的に私たちが知るべきものは、主にあって神の子となった私たちが、どのようにして御国の為に、ユニークな働きをしていくかという事でしょう。これこそが、この世で生きる希望であり、力なのです。

 私たちの小さな人間的な考えによって、神様の無限の力を制限するのは愚かな事です。それよりも、内にいるキリストを知って、聖霊の無限の力があなたに宿っている事を知り「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」と宣言しましょう。夢の到達には時間が掛かりますが、一歩ずつ踏み出していけば、必ずたどり着きます。