人が本当に神様の素晴らしさを知るなら、神様を愛し、神様の為に生きて行こうとするでしょう。もしそうなったら、世界のあらゆる問題を解決する事につながるはずです。しかし、多くの人は神様に対して間違った考えや意見を持っています。殆んどの人は神様を良いお方として理解していないのです。どうしてそうなっているのでしょう?

その原因の一つに、モーセの律法の乱用が挙げられます。これは神様に対するイメージに大きな打撃を与えています。律法はモーセによりますが、恵みと真理はイエス様によってです。モーセの律法は正しいもので間違ってはいないのですが、それによって人を義にする完全なものではありませんでした。そして、それが乱用されると、逆に神に栄光を帰すものではなくなってしまいます。

イエス様は父なる神を私たちに完全に現わす事ができました。ですから、イエス様は次のように言ったのです。

「わたしを見た者は、父を見たのです。」ヨハネ 14:9

「子は、父がしておられることを見て行なう以外には、自分からは何事も行なうことができません。父がなさることは何でも、子も同様に行なうのです。」ヨハネ 5:19

イエス様は父なる神が愛のお方だと示されました。ところが、パリサイ人や律法学者にモーセの律法を犯していると責められたのです。もちろん、イエス様はそんな事をしませんでしたし、それどころか、唯一モーセの律法を全て守ったのがイエス様です。しかし、イエス様が教えた事は人を愛する事でした。目には目、歯には歯という旧約聖書にあるモーセの律法よりも優れた事を教えていたのです。

姦淫の現行犯で捕まった女を赦し、取税人や罪人と共に食事をした事などは、当時の律法主義であるユダヤ人がする事ではありませんでした。誰も見向きもしない人たちを助け、愛されもしない人を愛したのです。イエス様は旧約聖書の律法にはなかった憐みと恵みを示したのです。

旧約聖書の律法の目的をきちんと理解しないで教えると、神様に対するイメージに大きな誤解を招きます。多くの人は神様はモーセの律法を通して私たちとの関係を望んでいると勘違いしています。しかし、モーセの律法は私たちと父なる神様との関係に一切関わるようなものではありません。神様は憐れみを好み、いけにえを好みません。モーセの律法が現れたのは私たちの罪と、私たちがそれから救われる必要があるのを悟らせる為だったのです。それによって、人が罪の奴隷の中に歩んでいる事を教える為であり、それから人が解放されるには、神様の助けが必要であるのを悟らせる為でした。律法主義による自己の義を獲得するという事は不可能です。モーセの律法が来たのは、神の憐れみを通して人は救われる以外方法がないという事をイスラエルの民に教える目的があったのです。

不完全な律法がもたらした事が幾つかあります。それは人が自分の罪を意識する様になる事です。また、その罪によって死をもたらしました。律法によって罪を極度に罪深いものにしてしまい、それによって人の希望を奪ってしまったのです。モーセの律法の目的は、人に罪が悪である事を悟らせ、それによって自分ではどうしようもない事を分からせる為でした。しかし、皮肉な事に、返って宗教的な考えをイスラエル人に植え付けさせ、自己の義を追及する為の教えとして曲解されたのです。

「では、律法とは何でしょうか。それは約束をお受けになった、この子孫が来られるときまで、違反を示すためにつけ加えられたもので、御使いたちを通して仲介者の手で定められたのです。」ガラテヤ 3:19

「こうして、律法は私たちをキリストへ導くための私たちの養育係となりました。私たちが信仰によって義と認められるためなのです。しかし、信仰が現われた以上、私たちはもはや養育係の下にはいません。」ガラテヤ 3:24-25

イスラエルの人々は、モーセの律法を守る事によって神の罰則を逃れるという事を学習したが、神から祝福を受ける為の儀式、そしてそれを守ることによって自分の義さえも求める様になりました。今は十字架の贖いの完成によってモーセの律法が成就され、神様と人との間にあった敵意がなくなりました。十字架によって恵みが人に完全に明らかにされたので、もはやモーセの律法は必要ありません。ですから、私たちは神様に対してイスラエル人が旧約聖書時代に持っていた神様のイメージを持つべきではないのです。

恵みと愛が十字架で完全に人に明らかにされたので、モーセの律法はキリストの新しい戒めによって変えられたのです。イエス様の十字架を通して父なる神の愛は完全に明らかになっているのですから、私たちは自信をもって御前に進む事ができるのです。新しい契約が完成された以上、私たちは古い契約を見る必要がありません。

パウロによれば、イエス様の福音は恵みの福音です。

「けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。」使徒の働き 20:24

神様からの良い知らせは恵みなのであって、モーセの律法のようなものではないありません。福音がモーセの律法の教えと同じであったなら、イエス様は地上に来る必要はなかったのです。モーセの律法と恵み、これら二つは相反するものです。そうであるなら、私たちはどちらかを選ぶ必要があります。そして、古い契約の考えで神様を知る事は不可能です。恵みによって神様を知るのなら神様に信頼する事ができ、神様が良いお方だという事を信じ続ける事ができます。「主は与え、主は取られる」ではなく、主は命を得させ、またそれをさらに豊かにして下さるお方なのです。