リバイバルの為に祈っている人は大勢いるのに、なぜ神様はその祈りに答えて下さらないのでしょうか?その答えとして、祈りが足りない、断食が足りない、一致団結による祈りが足りない、罪の悔い改めが足りない、その他の諸々の「神様に対して大きくアピールする事」などが足りないと思うクリスチャンは多いでしょう。しかし、こういった私たちの必死の願いによってリバイバルが起きるのでしょうか?ある人は祈りは神を動かすと思っています。これは実は大きな間違いです。信仰が山を動かすのです。

殆どの人が、熱心な祈りや罪の悔い改めなどがリバイバルの鍵だと思っています。これらの事をすれば神様が憐れんで下さると考えています。必死にとりなしの祈りをすれば、神様がそれに答えると思っているのです。しかし、実際にはリバイバルの為に祈るだけでは何も起きず、それに伴った歩み(信仰の歩み)をする必要があります。過去の時代において、クリスチャンが信仰によって歩んでいなかった中でもリバイバルはありました。それでも、祈り、断食、悔い改め(一般的には反省という誤った定義)がリバイバルを引き出す方程式ではありません。人の信仰が無い時には、神様の特別な計らいがあったのであって、それは神様の本当の御心とは離れたものだったのです。主は、祈り、断食、悔い改め(一般的には反省という誤った定義)を通してリバイバルを求める人たちを望んでいるのではなく、神の子供たちが信仰を持って彼ら自身がリバイバルを起こすように働く事を待っているのです。主はいつでも私たちの信仰の一歩を待っておられます。

旧約聖書の時代では多くの預言者がとりなしをしました。しかし、十字架の救いの恵みが明らかにされた今は、私たちは旧約聖書時代の預言者のような立場よりも、もっと優れているのです。神の子供として私たちはこの地上をイエス様の権威と聖霊の力で御国の国を前進させる特権があります。もはや神様にお願いして憐れんで下さいと頼む必要がないのです。これは高ぶりではなく真理です。私たちはイエス様の十字架における勝利ゆえに、あらゆる面において既に勝利を得ているのです。サタンでさえ私たちの足の下にいるのに、一体どれほど強い霊が地域を縛っていて、その為に福音のメッセージが届かない事になっているのでしょう?

神様の憐れみは既に十字架において完全に現れました。イエス様が全人類の罪の為に死なれたので、神様が人間に対して何か怒っている事はないのです。罪の悔い改めやとりなしの祈りをすれば「リバイバルが起こる」と勘違いしているのは、その教えが旧約聖書の箇所を拾ってしまったからです。恵みの下ではリバイバルの為にそれらが必須になっているのではありません。(それらが悪いとかではなく、それらがリバイバルをもたらす鍵という考えが間違っているという意味で、その必要性がないのです)

イエス様の十字架で何が変わったかを把握していないと、人はいつでも恵みと律法を混同してしまいます。リバイバルが起こる為に必要なのは単純に福音を宣べ伝える事です。ただしこの場合、御国の福音をよく理解していないと真のリバイバルは見られないと思います。御国の福音をきちんと理解しているクリスチャンはまだ少ない方です。

イエスキリストの十字架の勝利を理解していないというのは霊の戦いにおいて致命的です。これはつまり、御国の福音が分からない事を意味しています。そこから転じて多くの人が、旧約時代の考えに戻ってしまっているのです。聖霊によって私たちは力を与えられているのですが、多くの人はそれを漠然とした概念・知識としてしか知らない為に、何をどうすれば良いか分からないのです。そこで再び旧約時代の古い考え方に戻って、必死に神様にお願いして助けて下さいと祈るのです。しかし、イエス様の十字架の勝利の宣言、約束の聖霊と力、神の子としての特権などは既に私たちのものなのです。

霊の戦いについての間違った教えはクリスチャンを弱い者にしてしまいました。サタンや悪霊を追い出す権威と力を使わずに、ただ祈るだけでは意味がないのです。この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊は私たちを怖がるべきなのです。何故なら、私たちは光の子供たちであり私たちの内にはイエス様がいつもおられるからです。霊の世界において私たちはランク2位の存在である事を知らないと、間違った教えに気づかないのも無理はありません。

イエス様から神の子供として与えられた権威、聖霊のバプテスマを通して受け取った力、これらを持って力ある伝道によって福音を述べ伝えるなら必ずリバイバルが起こります。トラクト配りだけが伝道ではありません。イエス様がしたように、癒しや霊の解放を始めとする神様の御業を基本に、励ましの預言や知識の言葉による啓示で未信者にイエス様の愛を伝えるなら、必ずリバイバルが起きるのです。祈りが必要だと強調するよりも、むしろ力の伝道を強調した方が良いくらいに、多くの人たちは長い間祈ってきました。祈りの重要さは見逃せません。しかし、祈りがアクションを起こさない言い訳になってしまうと意味がないのです。