「使徒たちは主に言った。「私たちの信仰を増してください。」ルカ 17:5

これは、「信仰さえあれば何でも可能」だという事をようやく悟った弟子たちの願いだったに違いありません。イエス様自身もその事についてそう言っています。

「するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」マルコ 9:23

実際に、聖書に書かれている御言葉の約束を可能にするのは信仰です。ところが、信じる事が出来るように神様に何かお願いするというのは的外れなのです。信じる事が唯一私たち人間がする部分だからです。もう一度ルカの福音書17章に戻りましょう。

「しかし主は言われた。「もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があったなら、この桑の木に、『根こそぎ海の中に植われ』と言えば、言いつけどおりになるのです。ところで、あなたがたのだれかに、耕作か羊飼いをするしもべがいるとして、そのしもべが野らから帰って来たとき、『さあ、さあ、ここに来て、食事をしなさい』としもべに言うでしょうか。かえって、『私の食事の用意をし、帯を締めて私の食事が済むまで給仕しなさい。あとで、自分の食事をしなさい』と言わないでしょうか。しもべが言いつけられたことをしたからといって、そのしもべに感謝するでしょうか。あなたがたもそのとおりです。自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです』と言いなさい。」ルカ 17:6-10

信仰を増してくださいと頼んだ弟子たちに対して、イエス様はたとえ話によって説明しました。この「役に立たないしもべ」のたとえ話からは幾つかの事が学べますが、この記事では信仰に焦点を置きたいと思います。まず、弟子たちの質問に注目して下さい。彼らの願いは神様によって信仰が増せば問題が解決するという意味を含みます。

このたとえ話を理解するには、からし種を用いた他のたとえ話も知っておく必要があります。そこでは、神の国がからし種の様だとイエス様は説明しており、成長を遂げる事を言っています。この成長は、御言葉を信じる私たちの信仰によって、私たちの内にある神の国が大きくなる事を意味します。イエス様が言われた通り、からし種ほどの小さいものであっても、それが育って成長するば良いのです。これは初期の段階において、信仰のサイズは問題ではないという事を意味しています。従って、私たちの信仰は成長するのです。パウロは彼の書簡でおよそ10ヵ所で信仰の成長について書いています。彼が常に望んでいた事は、信者の信仰が成長することでした。

次に知るべき事は、人は御言葉の真理とは無関係に、自分の信仰を成長させる事はできません。私たちの信仰の成長の鍵を握っているのが御言葉という種であり、それを聞いて信じる時に奇跡が起こります。ある意味、御言葉を聞いているのに信じる事ができないという考え方自体、そもそもおかしな話なのです。考えてみてください。神の言葉を聞いたのにどうして信仰が沸いて来ないのでしょうか?神の言葉には力がないのでしょうか?神自身が語る言葉は虚しく帰ってくる事は本来ありえないのです。

「では、どう言っていますか。「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。」これは私たちの宣べ伝えている信仰のことばのことです。」ローマ 10:8

私たちに必要なのは神によって信仰を増して下さる事ではありません。信仰そのものを与えて下さいと祈る必要もありません。御言葉を聞いた以上、既に私たちに与えられている自由意思によって、神様の約束を信じると決断する事が可能なのです。信仰を邪魔するものは確かにあります。肉の思いによる考えは大きな障害です。しかし、肉の思いは、古い人がキリストと共に十字架で死んだという真理によって、死んでいるべきなのです。

御言葉も種の様だというたとえ話もあります。それも成長して実を結ぶ事になるので、その話でも「種のポテンシャル」が取り上げられています。私たちが信じる事が難しいと思う時に、その理由が、御言葉に何か問題があるのではなく、私たちが自身が問題である事を知るべきです。私たちが疑いを持つ事が問題です。しかし、疑わずに心で信じるのなら、私たちは多くの祝福を体験できるでしょう。からし種にある力(種が自然に育つという力)を信じる信仰を持つだけで十分なのです。つまり、御言葉を信じ続けていれば、後は自然にその人の心のうちで育つのです。しかし、種(御言葉)を心に植えないのなら、何も変わりません。せっかく大きな可能性を秘めた種(御言葉)でもそれ自体だけでは成長しません。御言葉は信仰と結び付けられる必要があります。

ポイントは「私たちの信仰次第」ですから、熱心に神様に祈って信仰を増して下さいとお願いするのではなく、信じて行動に出るのが信仰の歩みです。癒し・解放、救い、人間関係の問題、日本にリバイバルが起こるように願う人もいれば、経済的な祝福を望んでいるケースもあるでしょう。いずれにしても、願って祈るばかりで何もしないなら、状況は変わりません。神様の側からイニシアチブを起こすような奇跡はむしろ例外であり、奇跡は原則として常に私たちの信仰による一歩の結果によるものなのです。何故なら、聖書の教えは信仰の法則に基づくからです。残念ながら殆どのクリスチャンは、自分で信仰を働かさずに神様からの奇跡ばかりを追い求め、何事も神様が何か示して下さる事を期待しています。彼らにとっては、自分の信仰次第ではなく、全ての奇跡は「神様次第」だと勘違いして、積極的に信仰によって歩もうとしません。

信仰に基づく行動の大きさによって奇跡の大きさが違う、と言っても過言ではありません。何故なら、あなたの信仰の通りになるようにと主は教えているからです。小さな事に対してのみ信仰を働かすだけなら、小さな奇跡だけを体験するでしょう。ある意味、神様の無限の力を制限しているのは私たちなのです。信じるかどうかは私たち次第です。信仰の一歩を踏むのは私たちです。神様は聖霊を通して私たちをサポートするだけであり、その信仰の一歩を待っています。神様は時には奇跡を私たちに体験させますが、だからと言って、そうした体験を常にあてにしても良いと教えてはいません。「神様の特別介入」はあったりしますが、基本は私たちに御言葉の通りに歩む事を望んでおられます。

「奇跡を見れば信じる」と考える人は、信仰を増して下さいと言っているのと同じです。しかし、信仰とは目に見えないものを信じる事なのです。体験した後で御言葉を信じるのではなく、御言葉を聞いて信じて結果を出すのです。ですから、結果を見る前に、信仰によって一歩踏んで行動に移すのが正しい理解です。その一歩が大きいほど大きな奇跡を期待できるのです。

信仰に始まったクリスチャンは信仰から信仰へと成長していくのが聖書の教えです。ですから、神様から何か言いつけられた事をするのは、その内容によっては必ずしも信仰によるものではありません。その人が従順であったとしても「導かれないとやらない」という態度になってしまうなら、それは信仰にならないのです。信仰によって次の一歩を踏むのをやめるなら、その人は次の成長のステップがありません。そういうしもべは、イエス様に言わせれば「役に立たない」のです。

御言葉を読んで行動すれば私たちは成長するのですが、聖書を読まなくなったり読んでも実行しないなら、信仰による成長がそのままの状態で止まってしまいます。一体、子供の成長の半分だけを見て良しとする親がいるでしょうか?一人前の大人になるのを楽しみにするのが親というものです。神様もその様に私たちの成長を願っています。

「ただ言われた事だけをこなせば良い」という見方は律法主義です。「こう書かれてあるからするだけ」であるなら古い契約の視点からの考えです。イエス様による新しい戒めが漠然と「神と人を愛する事」と定義してあるのは、私たちに何が愛の言動なのかを聖書を通して学び、それを実践して欲しいという願いが込められています。モーセの律法のように箇条書きにして「こうしなさい」という規律が愛ではなく、大人として自由に考えて行動する事が愛なのです。愛は完全で自由な律法です。次の聖句からもそれが明らかです。

「それで、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしなさい。これが律法であり預言者です。」マタイ  7:12

クリスチャンは律法的な狭い視野にとらわれず、自由にするべきです。こうしなさいと言われ、それをしたらそれで終わりであってはいけません。しかし、殆どのクリスチャンは毎回神様からの「Go」サインを求めています。いちいち何か言われないとやらない役に立たないしもべであってはならないのです。信仰の成長の初期ではそれでも仕方がないかもしれませんが、成長と共に自分から信仰による一歩を踏まないといけないのです。だからと言って御言葉に書かれていない事を実行したり、その様なものを信仰と思って一歩踏んでも結果は出ません。ですから、御言葉の正しい理解も必然と不可欠になります。

弟子たちのように信じる努力さえもしないで「信仰を増して下さい」と願うのは、ある意味ずる賢いのです。成長という段階を踏まずに直ぐに信仰を増して下さいというのはずる賢いのです。信仰なしに神に喜ばれる事はあり得ません。イエス様が厳しく弟子たちに叱ったケースは、全て彼らの信仰に関わる事だったのを思い出して下さい。「信じるのは私たちがする事」であって、神様はそれを望んでおられるのです。神の御業によって誰かの信仰が増し加わるのなら、その人はもはやロボットです。信じるようにさせられている、自由意思を失ったロボットです。神様が私たちの信仰を増して下さるのではなく、私たちが成長の過程で信じる事を学ぶ時に信仰が増すのです。ですから、神様によって幼子からすぐに大人にして下さるように願う事はできません。

神様が愛の方である以上、私たちをロボット扱いはしません。私たちに自由意志が与えられているのは神様が私たちを愛しておられるからです。神様は、私たちに与えられた自由意志を使って御言葉を信じる事を望んでおられます。今日、私たちにとって大きな壁となって私たちの信仰の歩みを妨げるものがあります。それは様々な間違った教えです。私たちは多くの非聖書的な考えを改め(悔い改め)る必要があります。何故なら、私たちが信仰を持つ事があらゆる解決の鍵となっているからです。